望んで引き籠ってるひろゆきと考える。法整備はなぜ必要?ひろゆき「出たくないなら出なければいい」元当事者の支援者が訴える適切なサポートとは?

議題
ひきこもりは解消すべき?支援とは何かを考える。

 

厚生労働省「ひきこもり」の定義
様々な要因の結果として社会的参加
(義務教育含む就学、非常勤職を含む就労、家庭内での交遊など)を回避し
原則的には6か月以上にわたって概ね家庭内に留まり続けている状態
(他者と交わらない形で外出をしていても良い)を指す現象概念

 

ひろゆき
失業者対策の方が先。
仕事したいのに仕事できない人がたくさんいる中で、働きたくない人を働かせるのは順序が逆。
働く人足りないから何とか働いてくれ!ってなってからで良い。

 

 

大橋さんの対策提言
・ポーズではなく、魂を入れた活動を!
・「ひきこもり対策法」を早く作って!
・相談窓口と人員がキャパ超え!
・アベノマスク配るなら中高齢にアベノスマホを!

 

続きは動画で

 



 

<この動画のコメント>

困ってるんは多分本人より親なんだろうな。

ひきこもりの原因が人によって違い過ぎて画一的な対策で
なんとかなるもんじゃない
から難しいんだよな…。

そこにお金を使うほど余裕がないと思うし、余裕があったとしても
不妊治療の補助を手厚くしたり子ども手当とか、この先の為の人達にお金をかけて欲しい

大橋さん、話す時全て肯定から入るのがいい人感出てる

一度挫折したら普通の事が贅沢と思えるような謙虚な気持ちで生きるべきだと思います。
独身ですが今幸せです。(引きこもり経験者)

ひきこもりから脱した人の貴重な意見ですね
自分を否定せず、肯定して欲しかったというのは凄く納得できます。

© 2022 切り抜き動画速報 Powered by AFFINGER5